Menuメニュー
  • WAAVEの強み
  • 実績紹介
  • お客様の声
  • サービス一覧
  • 私たちについて
  • HOME
  •  > 
  • コラム
  •  > 
  • ホームページ作成に欠かせない...

ホームページ作成に欠かせないseo対策の費用の相場

SEO

2020/10/16

ホームページを作成する際に気を付けたいのがseo対策であり、seo対策をしっかり施しておくことで、集客に繋がりやすくなります。

対策自体は自分でも行えますが、初心者の場合は難しいこともあるでしょう。

そんな時に頼りになるのが専門の業者ですが、気になるのが費用ではないかと思われます。

この記事では、ホームページのseo対策に掛かる費用などについて紹介します。

seo対策の効果やメリット

ホームページ作成で欠かすことができないのが、seo対策ではないかと思います。

対策をしっかり行うことで、以下のように効果やメリットを得ることができます。

より高い集客率

seo対策をしっかり行うことで得られるメリットとしては、最初に高い集客力が挙げられます。

以前はパソコンだけでしたが、最近はスマホの台頭もあり、ネットを利用するユーザーが増えてきました。

パソコンやスマホを利用しての情報収集は、現在では日常的な行為として行われています。

そしてその時にほとんどの人が利用しているのが、GoogleやYahoo!などの検索エンジンではないかと思います。

その検索エンジン内で、できるだけ上位表示をさせることができれば、ホームページへの集客率も高まります。

そういう時に効果的な方法がseo対策です。

seoを利用すれば、ホームページの上位表示もしやすくなるのです。

アクセス数の獲得が成功することで、ネットでのWEBプロモーションをより有利に展開させることが可能になるでしょう。

ユーザーの絞り込みによる効果的で効率的に集客が可能

ネットユーザーがお目当てのホームページにアクセスして、物を購入したり、サービスを申し込みをするためには、対象となるホームページを多くのユーザーに認知してもらう必要があります。

人気のあるサイトであればすぐに認知してもらえる可能性がありますが、作り立てのホームページでは、なかなか難しいこともあるでしょう。

ネットユーザーがホームページにアクセスして、物やサービスを利用してもらうには、認知、検討、調査の過程が必要であり、それが無事に終わると、いよいよ購入や申込みといった一連のプロセスをしてくれることになるのです。

そんな一連のプロセスの中では、購入や申し込みをある程度決めたネットユーザーが、どういった物やサービスなのか等を調査したり検討したりするために、GoogleやYahoo!などの検索エンジンを利用するということが多いようです。

Googleなどの検索エンジン経由によってホームページにアクセスして訪れた人は、サイトで提供している物やサービスへ、関心を持って能動的にアクセスする傾向にあります。

そのため実際にアクセスしてきた段階で、物やサービスを利用する意思の高いユーザーであると考えてもいいでしょう。

seo対策をしっかり行うことで、そのような成約や購買へと繋がりやすい、優良なユーザーを確保できるようになります。

費用対効果に優れている

ホームページで収入を得る方法にも色々あり、例えばバナー広告やテキスト広告などもあるでしょう。

それら広告表示をクリックしてもらうためには、広告費を永続的に払い続けなければなりません。

広告費の支払いを止めてしまうと、その時点で集客もストップしてしまうことが考えられます。

そんな時に威力を発揮してくれるのがseo対策であり、対策を施すことで集客力のアップを図ることができます。

もちろんバナー広告などで掛かっていた広告費は発生しません。

適切なseo対策をしっかり行えば、GoogleやYahoo!などの検索エンジンでの上位表示を期待でき、それによって長期的且つ安定した集客が可能になります。

さらに新しいホームページの作成で取り組んだseo対策というものは、そのサイトの資産として蓄積されていきますので、長期的に見ると費用対効果にも優れていると言えるでしょう。

ブランディング効果

ホームページにアクセスするユーザーの多くは、訪れるサイトを選ぶ際に検索エンジンの順位表示を重視しており、実際に上位表示されていると、その業界や分野などで主要な企業であると思ったり認識したり、検索エンジンより推薦されているというイメージを与えやすい傾向にあります。

これがブランディング効果であり、seo対策によって効果を期待できるようになるのです。

ホームページにマッチした業界や分野における重要なキーワードによって、検索エンジンの上位表示を実現できれば、会社のブランド力向上にも繋がっていくことになります。

seo業者への外注

seo対策には様々なメリットがありますので、今後のことを考えれば、しっかり対策することをおすすめします。

ある程度の知識と技術があれば対策自体は自分でも行えますが、自身で行っても検索パフォーマンスがなかなか改善しないこともあります。

そのようなときには、seo対策の専門業者に依頼することも考えましょう。

そこでseo対策を行う業者の種類についても知っておきましょう。

ホームページ運営者によく利用されているのは、以下の6種類の業者です。

それが「成果報酬型」、「外部リンク」、「Webサイト製作とのセットサービス」、「コンテンツマーケティング重視」、「業務委託型コンテンツ」、「SEOコンサルタント」です。

専門業者によって提供サービスは異なっており、それぞれ得意とする分野があります。

成果報酬型

まず「成果報酬型」ですが、こちらのタイプのサービスを提供する業者は、主に2015年、2016年頃からその数が急激に増えてきているようです。

現在は数多く存在するseo業者の中において、メインとも言える業態へと進化しています。

成果報酬型の対策は、その名の通り実際にSEO対策を施した後に検索エンジンで上位表示したら、その成果に見合った料金を請求することになります。

成果報酬型サービスですが、内部seoに効果的とされる施策の指示を教えてくれたり、サテライトサイトなどを構築したり、外部リンクの構築によって検索順位を高めるのが一般的です。

対策の内容や事例が公開されることはほとんどないのが特徴で、さらにどのような方法を採用しているのかも不透明なところが多く、それがデメリットと言えます。

外部リンク

外部リンクですが、こちらのサービスは成果報酬型の内容と大体同じです。

業者が保有しているWEBサイト、あるいは新規にサテライトサイトを複数構築したり、多くの被リンクを設けたりして、
GoogleやYahoo!などでの検索順位を高めていこうというものです。

外部リンク型の費用は前払い制のところが多く、キーワードを基準に価格を決めているところも少なくありません。

業者によって変わってきますが、例えば、3~4程度のキーワードになると15万円前後、ビッグキーワードになるとさらに価格が高くなるなど、上位表示を狙うキーワードによって料金に大きな差を生じるのが大きな特徴と言えるでしょう。

ただ気になる点もあり、それがGoogleがリンクを購入して行うseo対策を、明確に禁止している点です。

そのためせっかく外部リンク対策を行っても、最悪の場合は検索順位が上がらず、Googleから自作自演リンクとして評価されてペナルティを受けることもありますので注意も必要です。

Webサイト製作セット

Webサイト製作とのセットですが、こちらはホームページ制作とセットでseo対策のサービスを提供することです。

コンテンツページ単位でのseo対策も大切ですが、ホームページドメイン、あるいはサイトマップやプライバシーポリシーといった、サイト全体で行う対策も忘れてはいけません。

ホームページを一から構築する予定のある方は、セットで対策してくれる業者に依頼をすることで、ホームページ全体のSEO効果も高めることができるのです。

100~1,000ページを同時に提供することもできるなど、各コンテンツをより充実させることができます。

Webサイト製作セットのサービスでは、より多くのサイト構築も可能ですか、その分初期投資がかさんできます。

コンテンツマーケティング重視

コンテンツマーケティング重視は、seoによって新規顧客を集客した後に、そのユーザーたちをリピーターへと昇格させるために行う施策です。

つまりコンテンツの質に重点を置いており、提供されるサービスの内容は、文章コンテンツの記事の提供が多いです。

実際は業者によって異なりますが、数記事単位で編集をして質を高めていく方法や、100記事を一括で納品するなど幅が広いのが特徴と言えるでしょう。

業務委託型コンテンツ

業務委託型コンテンツは、クラウドソーシングなどを活用した方法です。

Webライターなどにコンテンツ作成を外注する方法であり、記事を作成してもらうライターとは業務委託契約を結んで報酬を支払うことになります。

その場合は文字単価、具体的には1文字あたりの単価を設定して料金を支払うことが多いです。

SEOコンサルタント

SEOコンサルタントですが、こちらはホームページの現状をヒアリングした後、サイトが抱えている問題や原因などを突き止めていく方法です。

原因が分かれば、そこから様々な対策を講じていくことになります。

対策の方法は業者によりきりですが、対象となるホームページに足りない施策に対してはピンポイントでアプローチしていくことになりますので、その分費用が高くなります。

ただ検索パフォーマンスについては、高い効果を期待できます。

seo対策の費用や料金相場

seo対策にも色々ありますが、実際にseo対策に掛かる費用の相場を、6種類の方法別に知っておきましょう。

それぞれ「支払い方法」と「費用の相場」の順になっています。

成果報酬型SEO対策

成果報酬で、1キーワードあたり500~5,000円程度

外部リンク対策

月額固定制で、3キーワードあたり30,000~150,000円程度

Webサイトセット型

費用は一括支払いで、50~200万円程度

コンテンツマーケティング

費用は一括支払いで、1記事あたり5,000~20,000円程度

業務委託型

契約単位で、1記事あたり1,000~10,000円程度

SEOコンサルタント

月額固定で、10~30万円程度

このようにそれぞれのタイプによって掛かる費用が異なりますので、事前にチェックして計画するといいでしょう。

seo対策に掛かる費用が業者によって違う理由

seo対策に掛かる費用は各業者によって異なりますが、その理由としては以下の点が挙げられます。

価格を決定する方法が異なる

seo対策の費用は、実際に利用する業者によって大きく変わってきます。

その理由ですが、対象になっているホームページの規模、あるいは提供しているサービスの内容や範囲によって単価が異なるからです。

そのような業者の価格を決定する方法を把握しておくだけでも、今後のためにも役立ちます。

実際に業者に発注するとき、価格交渉などを行う際に便利です。

対象となる企業の規模の違い

seo対策に掛かる費用が業者によって異なる理由ですが、各専門業者の規模の違いも挙げられます。

それぞれの企業の規模によって、実際に掛かる費用が変わってくるのが基本です。

例えばSEOコンサルティングを例に上げると、中小規模向けのホームページ作成であれば10万円程度で終わることもありますが、大企業向けのホームページは情報量なども多くなることから、その分費用が膨らんで、50万や100万円を超えることもあるようです。

もちろん費用が高くなればなるほど、それだけ提供されるサービスの量や質が高くなります。

しかし中には悪質な業者もいて、一般的な費用の相場よりも不当に高い価格を提示するところもあるようです。

そのため決めるときは一社だけでなく、複数の同業他社からも見積りを取るなど、費用を比較して決めるようにしましょう。

そうすることで、より理想的で優良な業者に出会える確率が高くなります。

まとめ

ホームページ作成に欠かせない作業のひとつがseo対策であり、事前にしっかり対策を施すことで、ホームページを検索エンジンで上位表示できるようになります。

対策は自分でも行えますが、初心者の方は戸惑いを持つ人も出てくるかもしれません。

そんな方におすすめなのが専門業者になります。

ただ業者にも様々なタイプがありますので、事前に費用の相場などを確認しておくと良いでしょう。