Menuメニュー
  • WAAVEの強み
  • 実績紹介
  • お客様の声
  • サービス一覧
  • 私たちについて

seo対策でトップ ページの情報量を増やしましょう!

SEO

2020/10/21


WEBサイトを制作する際に重要になってくるのがseoであり、seoをしっかり施すことで検索エンジンでの順位のアップを図ることができます。

その時に気になる事項のひとつが情報量です。

トップページの情報量、つまり文字数などはseoに影響を与える可能性があります。

seoと、トップページの情報量などについて紹介します。

検索エンジンと上位表示

ホームページを作成した後は、如何にGoogleやYahoo!などの検索エンジンで上位表示できるかが大きなポイントになります。

実際に検索エンジンを利用してホームページ検索してみると分かりますが、様々なページが表示され、上位表示されるホームページには人気のサイトやアクセス数の多いところがたくさんあります。

Googleなどの検索エンジンを使用すると色んな種類のホームページを見ることができますが、検索エンジンは実際のところ、クオリティの高いページをランキング上位に表示しています。

ただ、それだけではあまりにも漠然としすぎて、クオリティの高いサイトというのはどのようなサイトなのかが、よく分からない人も多いのではないかと思います。

結論から言えば、クオリティの高いページというのは、検索ユーザーが最も知りたい情報をより分かりやすく、的確に提示しているページと言えます。

GoogleやYahoo!などの検索ユーザーたちが、一体どのような情報を求めて検索エンジンにキーワードを打ち込んでいるのかなどが重要です。

つまりキーワード検索というのは、検索ユーザーたちが検索エンジンに何かしらの質問をしていることになります。

それに対して検索エンジンは、検索ユーザーたちが入力したキーワードの中から、最適なページを探して提供してくれるのです。

例えば「今回の検索ユーザーはきっとこんな情報を探しているはずだ」と検索エンジンは判断し、その質問の答えにマッチしたページをまとめて検索結果として表示してくれるのです。

これはつまり、検索ユーザーと検索エンジンとの間には、一方が質問する側、そして検索エンジがン回答する側という、ちょうどQ&Aという関係が成立することになります。

その元でクオリティの高いホームページというのは、検索ユーザーが行う質問に対してそれと上手く合致していたり、ユーザーが求めているニーズを満たしている情報が掲載されているページになります。

検索エンジンと文章のクオリティ

クローラーの情報についても知っておきましょう。

Googleはクオリティの高いページを上位表示させますが、ホームページのクオリティについては、どのように判断しているのでしょうか。

とても気になる点ではないかと思います。

実は検索エンジン自体は、クローラーの情報を元にして検索結果を作成しています。

ここで出てくるのが検索エンジンクローラーであり、検索エンジンはクローラーというコンピュータープログラムを使って、それぞれのホームページに記載されている情報を読み取らせているのです。

クローラーはネット上を定期的に巡回し、それぞれのホームページ上に記載されている情報を、検索エンジン本部にあるデータベースに整理しながら登録していきますが、この作業がインデックスと呼ばれるものになります。

検索ユーザーからひとつのキーワードを使用して検索された際に、Googleはこれまでインデックスされた数多くのデータの中から該当するキーワードに関係があるものや、そのユーザーのニーズを満たしてくれそうなページを抽出して、その情報に合致した上位から順番に表示させているのです。

クローラーと画像や動画

検索クローラーは、ネットに並んでいる様々なホームページからユーザーが求めているものを瞬時に判断して表示させてくれますが、その際はテキスト以外のもの、画像や動画も一緒に読み取っているのでしょうか。

クローラーは、トップページにある全ての情報を読み取っているイメージがありますが、実際はそうではありません。

人間であれば、写真に写っているものを見れば、それが何であるかを判断できます。

例えば、犬の写真があれば、それを見て瞬時に「犬が写っている」と判断することが可能です。

もちろん動物以外のものの判別も可能であり、車や飛行機、海や山など、どのようなものでもすぐに判断できます。

一方でクローラーは、トップページに記載された全て情報を判断することはできません。

クローラー自体はコンピュータープログラムにすぎませんので、人のようにホームページに記載された画像や動画がどのようなものかは分からないと言われています。

クローラーが実際に把握できる情報は基本的にはテキスト、つまり文章だけということになります。

検索エンジンはクローラーが実際に集めた情報を元にホームページのクオリティを判断することになりますが、その際の判断材料になるのがテキストになりますので、ページのクオリティを決定する大きな要素はページ内に書かれた文章と見ることができます。

そういうこともあって、どれだけキレイで見栄えの良いホームページに仕上げても、肝心のテキストに問題があるGoogleでの検索エンジンでの上位表示は難しくなってきます。

ただ技術も日進月歩で進歩していますので、コンピュータが画像を判断できるようになるかもしれません。

検索エンジンで上位表示されるページとは

検索エンジンはクローラーを使用して集めた情報を元にして、ネット上に存在しているホームページのクオリティの判断をしており、その際に重要になってくるのが、ページ上に記載されたテキストになります。

ただGoogleは、「文字数によって検索順位を決めるアルゴリズムは存在しない」と言っていますが、実際に競合性が高いキーワードで検索した時に上位表示されているページを確認してみると、その多くがテキストの多い長文の記事になっているようです。

その理由として挙げられているのが該当ページの表示であり、検索エンジン自体が、検索してくれるユーザーが疑問に感じていることを解消でるきようなページを上位表示しているからに他なりません。

検索ユーザーたちは、それぞれ各自が悩みや疑問を持っており、それを解決するためにGoogleの検索エンジンを利用しているのです。

一方でGoogleは、検索ユーザーが抱えている悩みや疑問などを解決できるように、最適なページをいくつか検索結果として表示する仕組になっています。

Googleが宣言しているように、ホームページに記載されて文字数だけが検索順位に影響を与えることはありませんが、実際に検索ユーザーたちが抱えている悩みや疑問などを解消するためにホームページ制作をしていき、補足情報を追加したり内容を充実させたりしてコンテンツを作成していくと、自然と文字数の多いページが出来上がってしまうのです。

そういう背景もあって、結果的に文字数の量が多いサイトが上位表示されることが増えているのです。

これがseo,対策にも繋がっていき、様々なユーザーから利用されるサイトへと成長していくことになります。

検索上位表示されるために必要な文字数とは

Googleの検索エンジンで上位表示させるには、より多くの量のテキストを掲載することが大切ですが、その際に必要とされる文字の量はどれくらいでしょうか。

実際に検索エンジンで上位表示されるホームページを調べてみると分かると思いますが、ひとつひとつのホームページを調べるのは大変だと思います。

そこで大体の目安が分かれば、制作しやすくなります。

気になる文字数として、結論から言うと記載したいテキストは最低でも2000文字程度です。

検索エンジンでの上位表示には文字数が重要だと言われ、「それでは一体どれくらいの量の文字を書けばいいのか」と疑問に感じている人もいるかもしれません。

しかし、実際のところはseo対策の業者によって異なっているのが実情です。

Googleでの検索エンジンで上位表示したい記事として、最低限必要な文字数については、最低500文字以上必要であるという意見もあれば、2000文字以上は必要だという意見もあるのです。

どちらを信じればいいのかは、Googleの判断に答えがあるようです。

実際にホームページ上の文字数が2000文字を下回ってしまうと、Googleが求めているような豊富なコンテンツと判断することが難しくなり、そのため情報が豊富でないサイトは上位表示できなくなります。

そのため次のようなサイト以外は、できるだけ2000文字を目安にしてサイトを作成していくといいと思います。

具体的には、「ライバルがあまりいない分野を取り扱ったサイト」、「ドメインパワーが高く、サイテーションも多いページ」、「結論を簡素化した内容を求められる分野を取り扱ったサイト」などです。

検索エンジンで上位表示されているサイトの実態

Googleの検索エンジンで上位表示を目指したいのであれば、最低でも2000文字を目安にすることが大切です。

もちろん最初から2000文字程度あれば特に問題はありませんが、月間の検索ボリュームが多いキーワードでは、2000文字では足りないこともあります。

例えば、月間の検索ボリュームが1万以上のキーワードの場合は、2000文字では足りないこともありますので、可能であればさらなる量の文字を加筆することをおすすめします。

実際に月間検索ボリュームが1万を超えるような複数キーワードで検索して、検索上位3位までにヒットしたホームページの文字数を見ると、平均で8,000文字を超えているようです。

検索ボリュームが大きいワードは、その分ライバルも多いので、より効果的なseo対策を行う必要があります。

どうして文字数の多いサイトは上位表示されるのか

検索ボリュームが大きいキーワードによって検索された上位のホームページは、サイト内に記載された文字量の平均数が8000文字を超えており、それからも分かるように、検索順位と文字数との間には強い疑似相関があることが分かります。

どうして文字数が多いサイトが、Googleの検索エンジンで上位表示されるのかについて検証していきましょう。

質の高いサイトは自然に文字数が多くなる

質の高いサイトを構築していくと、自然に文字数が多くなっていく傾向にあります。

Googleは、より質の高いサイトを上位表示しようとしており、そのため質の高いコンテンツとはどういったものかが大切です。

Googleが実際に公表している、良質なコンテンツ制作に必要な事項は次のようなものを含んでいます。

「こちらの記事は専門家やトピックに熟知した人物が書いたものか、それとも素人が書いているのか」、「同じ検索結果によって表示される他ページより、明確な価値を持っているか」、「対象となる記事があたり前のことだけでなく高い洞察によって分析され、ユーザーが求めているような興味深い情報を含んでいるのか」、「雑誌や百科事典、書籍で読めるようなクオリティがあるのか」、「短かったり内容が薄かったり、あるいは役立つ記事がない、といったものではないか」などです。

これらの条件を満たすコンテンツであれば、Googleの定義している質の高いコンテンツと認められます。

検索ボリュームの大きい人気のあるキーワードであればあるほど、上記のアドバイスをしっかり守る必要が出てきます。

文字数が多くなると共起語を含みやすい

共起語というのは、あるキーワードを含んだコンテンツの中において、そのキーワードと一緒によく出てくるワードのことです。

例えば「明太子スパゲティ」というキーワードであれば、共起語は「レシピ」や「手順」、「手軽」、「簡単」、「作り方」といったキーワードが挙げられます。

Googlebotはコンテンツ内にある共起語を見て、そのページに記載されたテーマや内容について判断しているのです。

そのため検索ユーザーが「明太子スパゲティレシピ」と検索した際に、共起語である「簡単」や「作り方」などのキーワードが頻出すれば、検索キーワードとの関連性が高いと判断されて上位表示されやすくなるのです。

まとめ

ホームページ製作で欠かすことができない作業のひとつであるseo対策は、Googleの検索エンジンと大きな関係があります。

検索エンジンで上位表示されるためには文字数も大切な要素になりますので、制作の際にしっかり調べておきましょう。

検索で上位表示されるために必要な文字数は2000文字と言われていますので、まずはそれを目安に取り掛かるといいと思います。