Menuメニュー
  • WAAVEの強み
  • 実績紹介
  • お客様の声
  • サービス一覧
  • 私たちについて
  • HOME
  •  > 
  • コラム
  •  > 
  • レスポンシブWebデサ...

レスポンシブWebデザインとアダプティブWebデザインの特徴を比較

HP制作

2019/12/11

Webサイトの制作に携わった経験のある方は、「レスポンシブWebデザイン」は聞いたことがあると思いますが、「アダプティブWebデザイン」については知らない人もいるかもしれません。
現在はレスポンシブWebデザインと同様に、アダプティブWebデザインも主流となりつつあります。
アダプティブWebデザインとはどういったものか、その特徴などについて紹介していきます。

アダプティブWebデザインとは?

アダプティブは「適応性のある」という意味になり、外的な刺激や環境の変化に応じて相応しいものとなるように自分を変えていく性質や能力のことを言います。
つまりアダプティブWebデザインとは、環境の変化に対して適応性のあるWebデザインという意味になります。
レスポンシブWebデザインはHTMLで書かれたコードを、ブラウザの横幅に合わせてCSSで表示されるサイズを変えることが出来ます。
レスポンシブWebデザインではHTMLは一つで事足りますので、更新が楽に出来るなどのメリットがあります。
一方でアダプティブWebデザインは、対応させたいデバイスの数だけHTMLのコードを用意しなければなりません。
そのためホームページの更新をするときなどは、対応させたいデバイスの数だけHTMLを修正しなければなりません。
この点にだけ重点を置いてしまうと、レスポンシブWebデザインの方が優れているのではないか、と思う人もいるかもしれませんが実際はどうなのでしょうか?

ユーザーが感じる使いづらさを解消出来る

レスポンシブWebデザインは、パソコンでもスマホでも閲覧出来る内容は同じです。
基本的にパソコンの画面をスマホのサイズに対応させるため、必要のない情報などは画面に表示されません。
仮にスマホの画面でパソコンの画面サイズを表示させると、問題が発生します。
パソコンでは標準サイズで情報を確認することが出来るかもしれませんが、スマホで閲覧すると画面が細かい文字などで埋め尽くされるようになるでしょう。
そのためレスポンシブWebデザインを適用するためには、スマホで見たときに閲覧しづらくならないように情報量を抑える必要があります。
一方でアダプティブWebデザインは、対応させたいデバイスの数だけHTMLを用意していますので、各デバイスに合わせたレイアウトを作成することが出来ます。
そのためパソコンには多彩な情報を載せても、スマホでは最小限の情報だけに特化させることも可能なのです。
また複数のHTMLを用意しているアダプティブWebデザインでは、デバイスによって適切なデザインにすることも可能になり、ユーザーが不便を感じることもなくなるでしょう。

レスポンシブWebデザインとアダプティブWebデザインの比較

レスポンシブWebデザインとアダプティブWebデザインの特徴を、比較してみます。
どちらが自社のWebサイトに適しているかを考えましょう。

レスポンシブWebデザイン

○HTMLが一つになり、更新や修正を行う際には、このHTMLを変えるだけで作業が完了する
○HTMLが一つのため、ある程度はデザインに制限が出てしまう
○パソコンでもスマホでも記載される情報量は同じ
○パソコンでは見づらくなることはないが、スマホで見たときは情報の量が多すぎると画面が埋め尽くされてしまうことになり、とても見づらくなる

アダプティブWebデザイン

○複数のHTMLを用意しているため、更新や修正に時間がかかる
○複数のHTMLを用意していることから、様々なデバイスに適したデザインを作成することが出来る
○パソコンとスマホで記載する情報量を変えることが出来る
○パソコンでは記載したいことすべてを書き込め、スマホでは必要な情報だけを厳選して記載することが出来る

レスポンシブWebデザインとアダプティブWebデザインの特徴を比較すると、様々な違いがあることが分かります。
自社のWebサイトに合っていると思う方を選ぶ必要があります。
ただ両者には、共通して言える特徴も存在します。
どちらも画面の幅で表示を切り替えなければならなかったり、パソコンとスマホのデザインの構成をしなければなりませんので時間と費用が掛かること、などを考慮しましょう。
どちらが自社のホームページに適しているかを考えれば、自ずと必要としているものを選べるのではないかと思います。

まとめ

レスポンシブWebデザインの方が優れていると感じる人もいれば、アダプティブWebデザインの方が安全ではないか、と考えることもあるでしょう。
企業側の目的など、Webサイトによって適しているものは異なります。
あくまでWebサイトは窓口でそこからの顧客の流入は一部であるなら、更新や修正などの作業を短縮するために、レスポンシブWebデザインを利用した方が良いかもしれません。
しかしWebサイトからの顧客がメインとなる企業などは、ユーザー側の使い勝手などを考えて、複数のデバイスに対応出来るアダプティブWebデザインを利用することが求められます。