Menuメニュー
  • WAAVEの強み
  • 実績紹介
  • お客様の声
  • サービス一覧
  • 私たちについて

【SEO】Googleでは文字数が多いだけでは検索上位に上がらない!

SEO

2019/12/10

Googleのアルゴリズムは、常に以前よりもシステムが進化しています。
そのため単純な対策だけでは、検索で上位を狙うことができなくなってきました。
検索の上位を狙うためにはSEO対策が重要になり、クオリティの高いコンテンツを増幅したり、キーワードの選択が必要だと言われています。
SEO対策では、文字数が多いほど評価が高くなると言われているのですが、実際のところはどうなのでしょうか?

Googleの評価を意識したコンテンツを作成

検索順位で上位表示を偉うためには、クオリティの高いコンテンツを増幅する必要があります。
レベルの高いホームページにするには、ユーザーの役に立つ情報を掲載しなければなりません。
このとき役に立つ情報ばかりに目が行ってしまい、文字数については詳しく考えたことがないという人も多いでしょう。
SEO対策では、Googleの評価を上げるため、各コンテンツの文字数が多い方が良いと言われています。
何故なら、Googleはコンテンツの内容から評価が良いか悪いかを判断するからです。
Googleの評価の基準としては、画像やイラストで見栄え良くデザインされているものよりも、文章が解かりやすく書かれていたり、詳しい詳細が分かる方が高く評価してもらえます。
そのため画像やイラストばかりで文字数の少ないコンテンツについては、Googleの評価基準としては質が悪いと評価されてしまう結果を招きます。

コンテンツの文字数が多いだけでは検索上位にはならない

Googleには、ただ単に文字数が多いから質の良いコンテンツである、と判断されることはありません。
評価の基準としては、ユーザーにとって分かりやすいコンテンツ、疑問を解消できるコンテンツは質が良いとして評価してもらえます。
ただ単に文字数が多ければ検索結果で上位を目指せるということはなく、ダラダラとした内容で2000文字や3000文字の文章を作成したとしても、高く評価されませんので注意しましょう。

適切な文字数はコンテンツや商品情報の内容によっても異なる

SEO対策としては、1000文字よりも2000文字、2000文字よりも3000文字の方が良いだろうと考える人もいます。
しかしユーザーに役に立つ情報は、コンテンツや内容によっても異なると言われています。
商品の特徴や価格、詳細などを記載する際には、色違いやタイプ別のコンテンツを作成して商品の紹介をする人も多いのですが、各コンテンツで1000文字以上の文字数が必要かと言うと、そうでもありません。
色違いの商品を紹介する際には、主体となるカラーの商品紹介として特徴や価格、詳細などを記載し、色違いとして同じコンテンツ内でカラーの特徴などを明記すればいいと思われます。
この方法であれば、ただ単に文字数が多いコンテンツだと判断されることもなく、ユーザーの役に立つ情報、分かりやすい商品紹介ということになり、Googleには高く評価してもらえるでしょう。
一方でタイプ別の商品については、特徴や価格、詳細などが商品によって全く異なりますので、別のコンテンツで詳しい詳細などを加えて作成した方がいいでしょう。
またタイプの違いから比較サイトとしてコンテンツを作ることで、ユーザーがどの商品を購入すればいいのかを分かりやすく記載することもできます。
こちらも質の良いコンテンツだと判断される可能性がありますので、必然的に評価も上がるものと思われます。

コンテンツの作成では文字数だけに注目しないことが大切

SEO対策をして集客を得たい、検索結果で上位を狙いたいという企業はたくさんあります。
しかしSEO対策にばかり気を遣ってしまうと、文字数が少なくなったり、ユーザーが商品の特徴や詳細などを理解しにくいコンテンツができ上がってしまう可能性もあるでしょう。
SEO対策をしながらホームページ制作やコンテンツの作成をする際には、文字数に注目しすぎないことが大切です。
ユーザーの視点に立ち、分かりやすい情報を記載するように心掛けましょう。
またホームページのコンテンツの増幅を行う際には、キーワードSEOやコンテンツSEOなどを意識して、時には商品開発部の詳しい情報を基に、コンテンツを制作することが重要です。
労力と時間を掛けてコンテンツの制作を行うときは、本末転倒とならないようにユーザ−に何を知ってほしいのか、ユーザーがどんな情報を知りたがっているのか、どんな疑問を抱いているかを判断し、文字数の多いコンテンツにすることが求められます。

まとめ

ホームページのコンテンツを制作する際には、文字数の多い方が良いと言われることが多いです。
しかし、世界最大の検索エンジンになるGoogleで高い評価を得たいのであれば、文字数が多いだけのコンテンツではなく、ユーザーの役に立つ情報をどれだけ分かりやすくまとめられるかがポイントになります。
役立つ情報が分かりやすく記載されていないコンテンツについては、Googleでは高く評価されることがありませんので、検索結果で上位を狙うことはできなくなるでしょう。
Googleから高い評価を得たい場合は、コンテンツを制作する際に、ユーザーが何を求めているかを判断しましょう。