Menuメニュー
  • WAAVEの強み
  • 実績紹介
  • お客様の声
  • サービス一覧
  • 私たちについて
  • HOME
  •  > 
  • コラム
  •  > 
  • 【HP制作】専門のホームペー...

【HP制作】専門のホームページ制作会社にホームページ制作を依頼する際に注意すること

HP制作

2019/12/10

専門の会社にホームページ制作を依頼すれば、企業としては労力や時間を掛けることなく、効果的なホームページを作ることができます。
しかし、専門のホームページ会社へ何も情報を開示せず、すべてを丸投げにしているようでは、当然ですが納得できるホームページを作ってもらうことはできません。
魅力溢れるホームページを作り上げてもらうためには、依頼をする際に様々なことに注意をしなければなりません。
具体的にどんな事柄に注意しなければならないのか、5つの重要なポイントを紹介します。

その1.目的を明確にする

専門の会社にホームページ制作を依頼する際には、まず自社のホームページで何をしたいかを伝えなければなりません。
そのためには、顧客や自社のホームページを閲覧してくれるユーザーに対して何を伝えたいのか、が明確でなければいけないのです。
企業によっては自社製品の購入やサービスの利用、その問い合わせ、資料請求など、様々な目的があるかと思われます。
目的が明確でなければ、それに応じたホームページ制作を行うことは困難となり、でき上がったものも十分な効果が得られないというケースも珍しくはありません。
目的を明確にしておけば、どんなシステムが必要か、どんなコンテンツが必要かなども分かるはずですので、ゴールを見据えた効果的なホームページを制作してもらえるでしょう。

その2.どんなコンテンツを用意するか

企業としての目的を明確にすることができたら、その目的に合わせて何を行わなければならないかを考えましょう。
自社製品の購入やサービスの利用、採用のページで入社希望者を増やしたいということもあるかと思いますが、それには目的に合わせたコンテンツを用意しなければなりません。
製品やサービスが目的という場合は、それについての詳しい情報を盛り込んだり、採用ページで入社希望者を増やすのであれば、企業としての魅力や業種の紹介などを組み込んだコンテンツが必要となります。
自社が求めるコンテンツ作りが的確に行われていれば、自然とクオリティの高いホームページを作ることができるようになります。

その3.予算を決める

ホームページ制作を依頼するということは、予算についても考えなければいけません。
企業によっては見積りを見てから予算を立てるというところもあるようですが、最初にある程度の予算を想定してさえいれば、どのような会社にどのようなコンテンツを依頼するかの見通しも立てやすくなります。
予算をそこまで掛けられないという場合には、できる限り安めの金額でホームページ制作をしてくれるところを探さなければなりません。
また予算を掛けてでも効果的なホームページ制作をしたいというようなときは、実績のある会社へ依頼をするなど目指す方向が異なるケースもあるでしょう。
あらかじめ、ある程度の予算を立てておくことで、どこに依頼をすべきかが明確になり、見積りを確認しながら打ち合わせも行えるなど、たくさんのメリットがあると考えられます。

その4.優先順位を決めておく

ホームページ制作を依頼する際には、何が最も優先かを決めておかなければいけません。
企業によっては予算よりも目的を重視させたいと思うこともあるでしょうし、集客を上げるためのSEO対策に効果的なコンテンツを重視させたいところや、予算を重視させたいなど注目しているする点は異なります。
いくつもの目的が現れたときは、それの優先順位を決めておけば、目的やコンテンツ、予算などに合わせてホームページ制作が可能か否かを判断することができます。
優先順位によっては、希望をすべて叶えるようなホームページ制作ができなくなってしまうケースもありますので注意しましょう。
ある程度の優先順位を決めておけば、予算が足りなかったときなどにも瞬時に判断ができるのではないか、と考えられます。

その5.目的やコンテンツ、予算などを資料にまとめる

どんなホームページにしたいのか、どれくらいの予算でホームページ制作をしてもらうかなどを決めた後は、これらを資料として目に見えるようにしておくことが大切です。
専門の会社に依頼をする際に口頭で伝えるというのも良いのですが、口頭では上手く話が伝わらなかったり、情報にズレなどが生じてしまうケースが多々あります。
せっかく時間をかけてホームページ制作をしてもらっても、依頼者が指定した内容に沿ったホームページができていなければ、何の意味もありません。
準備に費やした労力や時間を無駄にしないためにも、目的やコンテンツ、予算などを明確に資料化して依頼すれば時間の無駄を省くことができ、正確な見積りを提出してもらえるでしょう。
また最初から資料が整っていると、納期についても明確な判断がしてもらえる可能性が高まります。
企業によっては一秒でも早くホームページ制作をしてほしいと思うところもあると思いますし、逆に時間が掛かっても効果的なホームページ制作をしてほしいなど、求めるものが異なります。
これらを資料でまとめておくことで納期を明確にできるようになり、早めに作ってもらいたいときにも対応してもらえるようになるでしょう。

まとめ

専門の会社にホームページ制作を依頼を行う際には、上記で挙げた5つについて特に注意しなければなりません。
まずはホームページに求める目的やコンテンツ内容、さらには予算などについてを決めていき、それに優先順位を付けてから、資料として目に見える形にする必要があるでしょう。
会社選びはその後でも十分間に合うと思います。
上記で挙げた5つについて注意をしておけば、効果的なホームページ制作をしてもらうことができ、検索順位を上げての集客アップ、クオリティの高いコンテンツの作成、目的に合わせたホームページ運用などが行えるのではないかと思われます。