Menuメニュー
  • WAAVEの強み
  • 実績紹介
  • お客様の声
  • サービス一覧
  • 私たちについて
  • HOME
  •  > 
  • コラム
  •  > 
  • ホームページを活用した売上ア...

ホームページを活用した売上アップ対策とは

HP制作

2020/10/26


企業の売上アップに大きく貢献してくれるひとつがホームページになり、現在ではなくてはならない営業や宣伝ツールのひとつになっています。

しかし、ホームページは制作しただけではいけませんので、それを如何に活用するのかが大きなポイントになり、それが売上のアップにも繋がっていくのです。

ホームページを利用した売上アップの方法について、その対策などを紹介します。

ホームページを活用した売上アップ

企業の営業戦略の一環としてホームページを利用しているところは数多く存在し、実際に売上のアップを図っている企業も少なくありません。

そのため売上アップの必勝法は既に存在している、と言ってもいいでしょう。

ネットが世界的に普及してかなりの年数が経過していますが、その間にネットの活用術についての知見は、十分に蓄積されてきています。

その中には売上アップの必勝法なるものもあるようです。

ネットの本格的な活用がスタートしたのが、「Netscape Navigator」がシェアウエアとして登場した1994年とするのであれば、企業のネット活用の歴史は既に四半世紀ほどになっていると判断されるでしょう。

それだけの時間があれば、その間には既にたくさんの知見が蓄積されていてもおかしくはありません。

現在ではネット無しでのビジネスは考えられないほど、様々な企業が活用しているのです。

それだけ巨大な市場になっていて、現在では「ネットの活用なくしては企業の存続はあり得ない」と言っても過言ではないでしょう。

企業の売上アップとネットは切り離すことができない大切なものになっていますが、残念ながら現在でも、ホームページを活用した売上アップを達成できていない企業が存在しているのも事実です。

せっかくホームページを保有しているのに、それが売上のアップに繋がっていないのであれば、ホームページ自体の活用の方法に問題があるのかもしれません。

自分の会社のホームページが、想像していたレベルの売上アップに繋がっていないということが解かれば、原因はホームページの活用方法を見直してみる、ということが考えられるということです。

ホームページの活用

今では様々な企業が独自のホームページを公開しており、それを重要な営業ツールとして活用しています。

ホームページを活用して売上のアップを図るためには、通常の営業活動などと何も変わりはありません。

世界に存在している企業が、それこそ毎日のようにホームページを活用して売上アップを図っていますが、これはごく普通のあたり前のことでもあるのです。

これまでの人との接触を、ただオンラインで展開するだけのことだと言うことです。

営業を行う場所が現実の世界であってもオンラインの世界であっても、相手が人間であることに特に変わりはありません。

オンラインになったからと言って、今までと特別に変わらないことを認識しておきましょう。

ホームページで売上アップを図る基本

以前から行っていた営業とホームページを活用した営業戦略とは、何ら違いはありません。

そのためこれからホームページでの営業を予定している方は、現在行っている営業活動のステップに当てはめると分かりやすいです。

そうすることで、たとえオンラインでの展開に慣れていなくても、特に問題なく理解できるのではないかと思います。
具体的には以下のようになっています。

①ターゲティング
まずはターゲット戦略を行います。
実際に企業の商品やサービスを購入してくれる、見込みが高そうな人たちをターゲティングします。

②アプローチ
ターゲティングに成功したら、次は提供する商品やサービスに関する魅力、メリットなど伝えて興味を持ってもらいます。

③プレゼンテーション
プレゼンテーションは、対象になる商品やサービスがターゲットの抱えている課題をどのように解決できるのか、あるいは他の解決方法と比べてどれほど優れているのかを説明していきます。
ここでは、費用対効果などもしっかり説明することが大切です。

④クロージング
最後のクロージングでは、ターゲット層に購入から申込み、契約といった行為をしてもらうことになります。

簡単ですが、通常の営業活動と同じように、ホームページを活用した営業戦略も可能ですので、まだ行っていないときは導入してみるといいでしょう。

現実世界における営業活動と同じ取り組みを、ホームページ上でもしっかり運営していくことが、ホームページを活用した売上アップの基本になります。

これは何も特別なことではなく、どのような形態の企業であっても行えるものであり、営業活動そのものです。

ホームページで売上アップできる理由

ホームページを活用した営業戦略によって売上アップを図ることができますが、その理由としては以下のものが挙げられます。

コストが一定

ネットを利用した戦略としては有料広告もあります。

ホームページは有料広告と異なり、どれだけ多くのユーザーから見られても、クリックされても掛かるコストはかからず、リスティング広告のように高くなることはありません。

ホームページには様々なユーザーが訪れますが、ほとんどの方がGoogleやYahoo!などの検索エンジンから訪れることが多いです。

検索結果でホームページが上位に出れば、そこからアクセスしてクリックされても、特に追加で広告コストが必要ないのが嬉しい点と言えるでしょう。

売上アップの秘訣のひとつに必要経費の軽減があり、ホームページを上手く活用すれば、コストを掛けることなく売上のアップを図ることができるようになります。

継続して宣伝できる

ホームページを活用すれば、自社製品やサービスについて持続して宣伝できるようになります。

有料広告も確かに売上アップに貢献してくれます。

ただ予算が無くなったり、契約期間が終了したりするとそれで終わりになってしまい、その後は一切宣伝できなくなります。

一方のホームページであれば、上手く活用すれば継続して自社のことを宣伝し続けることが可能です。

より多くの情報を掲載できる

ホームページであれば、より多くの情報量を掲載できますので、自社のことを存分に宣伝できます。

もちろん有料広告でも存分に宣伝することは可能ですが、当然ですがそこには文字数の制限なども出てきますので、どこかで限界が出てくるでしょう。

しかし、ホームページであれば異なります。

ホームページの容量にもよりますが、有料広告よりも数多くの情報を掲載することができます。

テキストの量を増やして、より詳しくサービスについて説明をしたり、キレイで美しい大きな画像を活用して商品を紹介したり、話題のYouTubeを利用するのもいいでしょう。

YouTubeであれば様々な案件を撮影できますので、例えば企業で提供している商品の使い方などを説明すると、アクセスアップにも繋がります。

どけだけ多くの情報を掲載しても、それで予算を超えて掲載を止められたりすることがないため安心して運営でき、それが売上アップに結びついてくることでしょう。

ホームページで売上アップを図るときには、会社が提供している商品やサービスについて、その内容が分かるように丁寧にユーザーに発信することが大切です。

地域限定やそれを超えた営業戦略が可能

ホームページは地域に関係なく営業できるのが特徴になり、地域限定や地域を超えての宣伝も可能です。

地域に密着したサービスを提供している企業もあると思いますが、例えば地域限定の商品を提供したいのであれば、ページ内に「地域限定」と記載すればいいのです。

その際はページ内に具体的な地域を記載すれば、GoogleやYahoo!などの検索エンジンが、そういう地域が含まれた検索結果を表示してくれるようになります。

地域の枠を超えた営業戦略も可能であり、その場合は逆の発想を利用して、地域の特選商品などを近隣はもちろん、それ以外の地域にまで発信することが可能です。

ネットは国を越えての宣伝も可能ですので、世界中にいる見込みユーザーに、自社の商品やサービスを知ってもらうことができるのです。

これまで自社の近くでしか宣伝できていなかったものでも、ホームページがあれば今日からでも全世界に向けての発信が可能になります。

発信したいユーザーに伝えての集客が可能

ホームページがあれば、商品やサービスを実際に届けたい方に送ることもできます。

例えば、ターゲットになったユーザーが悩んだり困っていたりしていることや、質問などに丁寧に説明すれば、そのユーザーはホームページを検索エンジンで見つけることもあり、そのユーザー自身に具体的な内容が伝わります。

もし興味を持てば、そのままホームページで商品やサービスを購入してくれるかもしれません。

困っていたり悩んだりしているユーザーに解決策を丁寧に説明してあげることができれば、それが売上のアップに繋がっていきます。

ホームページを上手く活用すれば、ターゲット層になったユーザーの集客が可能です。

ホームページによる接客が固定化される

ホームページを上手に使用すれば、これまで行っていたこと、例えば資料を郵送したりお客さんの家までわざわざ持って行かなくても、しっかりした商品説明ができますし、同時にお客さんの意見や要望までも受けることが可能です。

もちろん1回のやり取りだけで終わるのではなく、継続してホームページを通してお客さんとのやり取りができるようになります。

そういうやり取りは、リアルの接客と何ら変わりはないのです。

ホームページの効果測定ができる

ホームページ運営を行うことで、対象となるページの効果を測定できるようになります。

通常の営業活動では、そのような効果の測定は難しいでしょう。

ホームページであれば効果を測定することもできますので、今後の戦略も立てやすくなります。

24時間365日稼働している

ホームペーは一度公開すれば、24時間365日稼働してくれます。

そのため私たちが寝ている間もきちんと営業活動してくれることになりますので、通常の営業と比べても効果的なのは間違いありません。

宣伝やお問合せの受付

ホームページには休日はもちろん営業時間などもありませんので、いつでもお問い合わせの受付が可能になります。

これがホームページ運営の大きな特徴であり、当たり前のようで実は当たり前ではない機能とも言えるでしょう。

ホームページではお問い合わせ機能が装備されているのが一般的ですが、その返信を自動でできるのも魅力的です。

具体的には、実際にお問い合わせをしていただいた方に、「後日改めて担当からご連絡いたします」などを返します。

自動で返信できることから、実際にホームページにアクセスしてお問い合わせをしたお客さんも安心できるのではないかと思います。

ホームページでの売上アップのための施策

ホームページを上手に活用することで売上アップを図れますが、その際は以下のポイントを押さえておきましょう。

ターゲット層へのWebコンテンツ作成

ホームページの売上アップのための施策にはいくつかありますが、その中で最も重要なことは、ターゲット層に向けたコンテンツ作成です。

企業が取り扱っている商品やサービスの対象になるユーザー属性を特定して、その属性に見合ったユーザーにマッチしたコンテンツをホームページ上に用意します。

そのために必要なのが事前のリサーチであり、事前に市場の動向やターゲット層の環境、動向などを詳しく調査することになります。

SEO対策

ホームページ運営では、SEO対策が大切です。

SEO対策をすることで、GoogleやYahoo!などの検索エンジンでの上位表示されやすくなり、それが売上アップに結びついていきます。

SEOというのは、「Search Engine Optimization」の略称で、GoogleやYahoo!といった検索結果ページで上位表示されるために欠かせない対策ですので、ホームページを作成したら忘れずに行ってください。

まとめ

ホームページを活用することで、企業の売上をアップできるようになります。

ただ売上アップを図るのであれば、それ相応の対策を施す必要があり、紹介したことも参考にされるといいでしょう。

ホームページを最大限活用して、会社の宣伝と売上アップを目指しましょう。