Menuメニュー
  • WAAVEの強み
  • 実績紹介
  • お客様の声
  • サービス一覧
  • 私たちについて
  • HOME
  •  > 
  • コラム
  •  > 
  • 【マーケティング】広告費を無...

【マーケティング】広告費を無駄にしないためのポイントをおさえて効果的な広告を出そう!

HP制作

2019/12/11

現在、広告にはさまざまな広告手法があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。
一般的に広告と聞いて思いつく代表的な物は、新聞広告、雑誌広告、フリーペーパー、ネット広告といったところです。
今回、どの広告手法を利用するにしても、広告費を無駄にしないために学ぶべき事を紹介します。

費用対効果が高い広告

まず始めに広告の中で一番、費用対効果が高くなる広告はネット広告です。
何より、ネット広告を掲載する際、無料の広告も多数あり、無資金で広告を掲載する事が出来るのは大きいメリットです。
ただし広告を利用して得られる効果はそれぞれと異なるので、ネット広告と同じ土俵で測る事は難しいかもしれません。
しかし国民の殆どのユーザが携帯を持ち、誰でもネットを参照することが出来るネット広告は、最も費用対効果が高いです。

ネット広告の種類

ネット広告には、様々なタイプの広告が存在します。
代表的な物で、マスに向けた広告、潜在顧客層に向けた広告、Facebook広告、Twitter広告などをあげる事が出来ます。
マスに向けた広告にも純広告や動画広告などがありこれらの広告の特徴として、多くの方にアプローチが出来る事が魅力です。
しかしその反面、自社の商品やサービスを必要としていない人も対象となってしまうので、コストがとても掛ります。
潜在顧客層に向けた広告は、広告枠のあるサイトにてバナー画像などで広告を掲載するものです。
こちらの広告は、ジャンルやカテゴリを選択して広告を出すのでユーザを絞る事が出来ますが、ターゲットを間違えると効果が全く得られません。
Facebook広告は、Facebook上にリスティング広告のような広告を掲載するものです。
現在、多くのユーザが携帯端末を利用しているのでとても相性が良いのですが、海外ユーザに比べると国内ユーザーが圧倒的に低い割合となっているので、効果に繋がりづらい欠点があります。
Twitter広告は、ユーザのタイムラインに広告を表示する事が出来るので情報の拡散性が高いのですが、拡散するユーザによっては不利益な情報になる場合があります。

イメージアップを目的とする広告

大企業では多く見られる広告ですが、広告代理店や各メディアに従った企業イメージを良くする広告です。
業界を問わずマーケティングを無視した広告が多いのが特徴的です。
これらの多くは、会社貢献のPR、認知度の低い企業がイメージアップやイメージチェンジを目的に出す広告となります。
そのため、広告費は莫大な費用が必要となりますので、一般企業には向いていません。

イメージ広告

ブランドイメージを高めるために行う広告で、具体例を上げると携帯のTVCMなどです。
これらの広告は、見ていてもオシャレでクールなイメージを受けますので、購入意欲がそそられると思います。
これはこれでマーケティング手法のひとつで、購入意欲さえ湧かせる事が出来れば儲けものといった考えです。
そのため世間一般的にこれがどれだけ反応してくれるかは、未知数となります。
このような広告を多く使用する企業は他にも、車関連メーカー、アパレル関連、ビールメーカーが多く利用しています。
ただこのイメージ広告は、TV、CM、ラジオなど様々な広告で同時に行う傾向もあり、ユーザがどの広告から反応したかが不明となります。
そのため、何処を重点に今後、投資すればよいか解らなくなる欠点があります。

プレスリリース

この広告は、商品やサービスを提供した時にPRとしてプレリリースした会社に記事を掲載して貰うものです。
この広告もユーザがどこから反応したか不明となりますので、成否判断がとても難しいと思います。

広告の対費用効果

広告の対費用効果が測る事の出来ない広告は、広告費を無駄にしてしまうこともあります。
大企業なら資金が多くありますのでそれでもよいかも知れませんが、中小企業でこれを実施したら命取りです。
それはそうでしょう、折角、広告を出したのに何がプラスになったか解らず、取りあえず認知して貰ったレベルです。
しかも商品に興味の無い人が認知したところで全く意味が無い情報となります。
そのため、広告を出すのであれば、正確に広告の効果が測定できるようにするべきなのです。
最近では、サイトやアプリを使用した広告戦略もありますので、これらのツールを上手に使用して最大限に広告費を有効に活かしてほしいです。

まとめ

今回、紹介した広告手法では、反面教師的な事を記載しましたが、広告を出すのであればやはり正確に広告の効果が測定できる手法としたいです。
現在では、サイトを使用した戦略、アプリを使用した戦略と様々な選択が可能です。
これによる効果は、自社の目的、商品、サービスの特性、ターゲットとするユーザーを、臨機応変に獲得できる点です。
自社の商品やサービスに合った広告手法を見極めて、費用対効果の高い広告の選択をしたいところです。
そのためにも、これらのノウハウを多く持っている専門の会社に相談・依頼するのは、戦略の一つだと思います。