Menuメニュー
  • WAAVEの強み
  • 実績紹介
  • お客様の声
  • サービス一覧
  • 私たちについて
  • HOME
  •  > 
  • コラム
  •  > 
  • コンテンツマーケティングに掛...

コンテンツマーケティングに掛かる料金相場

HP制作

2020/11/06


ユーザーにとって有益な情報を与えるために行う手法のひとつに、コンテンツマーケティングがあります。

今では、企業にとって欠かせないものと言えるでしょう。

コンテンツマーケティングは一見簡単そうに見えますが、実際は各ユーザーに適切なタイミングでコンテンツを届ける必要がありますので、どんなに時間をかけても失敗することがあるのです。

そのため専門の業者に依頼をするところもありますが、気になるのが利用する際の料金ではないでしょうか。

コンテンツマーケティングの料金の相場

コンテンツマーケティングは自社でも行えますが、ウェブに詳しい人材がいないときには、専門の業者に依頼をすることになると思います。

専門の業者と言っても数が多いので、その選択に迷う人もいると思いますが、最適な業者を選ばなければなりません。

ただ、その時に気になってくるのが、料金ではないでしょうか。

各業者によって提供されるサービスは異なり、当然ですが料金も変わってくることになります。

コンテンツマーケティングの料金の相場ですが、実際には下は毎月数万円程度から、上は50万円以上までと金額に大きな幅が生じます。

このように金額に大きな差が出てくるのは、実際に行う作業の範囲が理由です。

例えば、コンテンツマーケティングの作業料金が月額10万円以下の場合は、実際に提供されるサービスは記事作成に関してが多くなり、そのほとんどは記事の制作会社に外注されているようです。

10~30万円程度になると、記事作成はもちろんCMSの設置やアクセス解析なども、サービスに含まれることがあります。

この程度の金額で受けられるサービスは、コンテンツマーケティング全般に対する基本的なメニューを外注するのには、適した価格帯と言えるでしょう。

発注先は、主に制作会社やCMSベンダーなどが多くなります。

企業のホームページに対するコンテンツマーケティングで、主に戦略の面に力を入れたいのであれば、ウェブマーケティングを専門にしている業者に発注するといいでしょう。

ただ、その場合は30万以上の料金が必要になってくることもありますので、事前にしっかり計画しておくことが大切です。

コンテンツマーケティングの全ての作業をウェブマーケティング会社に依頼する場合には、50万円以上の料金がかかることもあります。

もちろんそれぞれの会社によって内容は異なりますが、コンテンツマーケティングに対する費用は、提供している作業の範囲によって金額が変わることが多いのです。

料金毎のコンテンツマーケティングの内容

予算毎のサービスの内容について紹介します。

月額10万円以下の場合

コンテンツマーケティングの作業に掛かる料金は各企業によって変わってきますが、月額10万円以下の場合は次のようになります。

「オウンドメディアといったコンテンツマーケティング施策のための環境は自社で用意する」、「コンテンツ内容や本数に応じた作業」、「コンテンツプランニングは自社で実施するか、制作会社と合同で行う」などです。

予算10万円以下の場合は、オウンドメディア自体の構築は既に終わっており、運用方針が定まっていることもあります。

それを把握した上で、記事制作の依頼を行いたい場合の相場になります。

月額10~30万円の場合

コンテンツマーケティングの作業料金が10~30万円の場合は、以下の通りです。

「WordPress設置、SaaSタイプのマーケティングツールの提供など」、「ホームページ運営初期のコンテンツプランニング(ペルソナやCJM等)などのサービス」、「プラン内で定まった本数のコンテンツ制作」などになります。

こちらの価格帯では、記事などのコンテンツ制作はもちろん、CMSやマーケティングツールの設置を行うこともあります。

10~30万円と限られた予算内で行うことになり、環境整備からコンテンツ制作までの一連の作業をお願いしたい方におすすめです。

実際の作業は、メディア制作やCMSの初期設定、カスタマイズSEO対策サポートやアクセス解析など、全体的にはコンテンツマーケティングにかかる基本的な作業内容がセットされていることが多く見られます。

その他、基本プランの他に追加オプションを用意している業者もあり、例えばレポーティングや様々な施策改善、追加コンテンツ制作の提案など、数々のサービスを提供してくれるところもありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

月額30~50万円の場合

コンテンツマーケティングに掛かる作業費が30~50万円の場合では、以下のサービスが見られます。

「環境構築からコンテンツ制作、その他、施策サポートまでの対応」、「競合調査や検索順位変動の確認、アクセス解析などの専門的観点からの様々なサポート」、「マーケティングコンサルティングの戦略設計や分析支援など」です。

月額30~50万円になると、より多くのサポートを受けられるようになります。

こちらはコンテンツマーケティングによる戦略設計の見地から、サポートをしっかり受けたいという人たちにおすすめです。

マーケティング会社、あるいはコンサルティング業者が行ってくれるサポートは、この価格帯のケースが多いようです。

マーケティング会社であれば、戦略設計や運用サポートも受けることができますので、何かしらのコンテンツマーケティングを始めてみたい方にも最適ではないかと思います。

月額50万円以上の場合

月額50万円以上のケースになると、「環境構築から制作支援までの過程、あるいは施策改善までのワンストップサポート」などがあります。

既に予算の確保ができており、新しい手法としてメディア運営を検討している企業におすすめできます。

月額50万以上になると、より多くのサポートを受けることができるようになるでしょう。

50万円以上の相場では、より本格的なコンテンツマーケティング支援の依頼が可能です。

マーケティング会社や制作会社であれば、毎月まとまった数のコンテンツ制作の依頼もできるようになります。

さらにコンサルティング会社であれば、戦略の設計や分析、改善の提案などの一連のサポートも可能になり、新規事業などによって「メディア運営の全てを任せたい」という場合にもおすすめできます。

コンテンツマーケティング制作の明細項目

企業の発展のために欠かせない施策のひとつであるコンテンツマーケティングでは、コンテンツの制作には様々な費用が掛かってきますが、実際に掛かる主な料金については、各工程を細分化することで分かりやすくなります。

マーケティング作業を外注する際に、どの程度の料金が掛かるのか気になることもあると思います。

費用については事前に見積書をもらって、しっかり確認することが大切です。

その際は見積書を隅々までチェックして、何かしら気になる項目が含まれていないかをしっかり確認しておきましょう。

依頼した工程が業務内容に含まれているのか、そして含まれている場合には、どの項目に入っているのかなどです。

「信頼できる業者なので見なくても大丈夫」と思い、そのまま見過ごしてしまうと、後で問題が起こった時は間に合わなくなることがあります。

例えば、作業内容に含まれていなかった業務があると、それを自社で処理することになるなど、その分の社内コストが別に発生してくることになります。

そういうトラブルを回避するためにも、見積書にどのような作業が含まれているのかを、必ず確認しておきましょう。

項目別の検証

コンテンツマーケティングの作業に掛かる料金を、項目別に紹介します。

企画費

コンテンツマーケティングの初期費用ですが、最初は企画費です。

ホームページ上にどのような記事を書けばいいのか、どの程度の本数を書くのか、どの程度のペースで記事を書くべきかなど、初期段階に行う企画で発生する料金です。

ここではメディアとしての方針を決めるより、どちらかと言えばコンテンツ作成のタイトルを提案する、といった作業が多いのが特徴と言えるでしょう。

サーバーのレンタル費

サーバーに掛かる費用ですが、現在ホームページがなかったり、自社でオウンドメディアの運用を行っていない、これから新しいホームページを新規に制作する、といった場合に該当します。

新しいサイトを設置する際には、それを公開するためのサーバーが必要です。

会社で使用できるサーバーがあればそれを利用すればいいのですが、使用できるサーバーが特にない場合には、新規にサーバーをレンタルするための費用を考えておかなければいけません。

レンタルサーバー会社の数はたくさんありますので、その選択に迷う人も出てくるでしょう。

お気に入りの業者があればいいのですが、特にない場合は、新たにサーバーを借りる必要があります。

サーバーのレンタル料金はそれぞれのスペックに応じて変わり、スペックが高くなると料金も同じように高くなっていきますので、自社が運営しているホームページのアクセスがどれくらいになるのか、アクセスする最大人数などによって、スペックを決めるといいでしょう。

企業によって多くの広告を使用することもあると思いますが、余程多くの広告費を使ったり、テレビや雑誌などでの露出が想定されたりするケースなどを除き、新規のホームページ制作であれば、月額数千円程度でレンタルできるサーバーで十分ではないかと思いますただ、既に多くのユーザーがアクセスするなど、人気の高いサイトに成長している場合は、ワンランク上のスペックを検討してもいいでしょう。

何かしらアクセスが増加する要因がある場合は、最初からスペックや料金のそれぞれを高いサーバーにするのもいいと思います。

ドメインの取得費用

ホームページを制作した後は、そのホームページを公開する必要があります。

その際に必要になるのがドメインであり、これがホームページのアドレスになります。

自社サイトがまだない場合は新規にドメインを取得することになりますが、独自ドメインを取得する場合は、サイトURLを取得するためのドメイン登録手数料が必要です。

ドメインを取得するためにはドメイン会社を利用することになり、その際のドメインの契約は1年単位になっています。

ドメインを取得する費用はドメインの種類によって変わってきますが、それでも1年間に掛かる費用は1,000~10,000円程度と、そんなに大きな負担になることはないでしょう。

ライティング費用

ライティング費用とは、コンテンツの中身になるテキスト部分のライティングに掛かるコストのことです。

料金はテキストの内容や量などによって異なりますが、実際の計算の方法は記事単位など、それぞれの契約内容によりますので事前に確認しておきましょう。

イメージ利用に掛かる料金

こちらはコンテンツの中身になるもののイメージであり、イメージ画像として提供されることが多いです。

イメージ画像によっても変わってきますが、有名且つ特別な施設や著名人の画像など、特に権利などに厳しいものほど、利用料金が高額になりがちですので注意が必要です。

費用の負担が気になる方もいるかと思いますが、その場合は、それ以外のイメージを利用するといいでしょう。

イメージ数を増やせば増やすほど作業に掛かる工程が増えていき、その分料金がかさんでくる場合があります。

マンガ作成料金

公開するコンテンツの内容にもよりますが、たくさんのユーザーに読んでもらうためのコンテンツを作る際に、その手段としてよく利用されるのがマンガの挿入です。

通常のイメージ写真と異なり、コンテンツの内容に即したものを制作するため、費用が高くなるケースがあります。

作家にもよりますが、1ページあたりの費用は2~10万円程度は掛かります。

マンガというとクラウドソーシングなどでも可能で、その際は1ページあたり1万円以下のところもあるようですが、当然ですが個人のマンガ家に直接発注することになりますので、見つけるのが大変かもしれません。

クラウドソーシングなど、間に入って編集してくれるような会社に発注すると、そのように低額で作成してくれるマンガ家は見つからないかもしれません。

まとめ

ホームページの制作で欠かすことができない作業のひとつが、コンテンツマーケティングです。

コンテンツマーケティングは自分でも行えますが、より充実したものにするためには、専門の業者に依頼した方が間違いはないでしょう。

コンテンツマーケティングに掛かる料金の相場を紹介しましたが、できるだけ自社のコンテンツに相応しい業者に依頼するよう心掛けましょう。