Menuメニュー
  • WAAVEの強み
  • 実績紹介
  • お客様の声
  • サービス一覧
  • 私たちについて

【SEO】SEO対策はコンテンツの見直しとアトリビューション分析が必要!

HP制作

SEO

2019/12/10

SEO対策を行うことで「ホームページの使いやすさ」が変わると思っている企業は、少なくはないと思います。
SEOの対策と言えばキーワードの選択はもちろん、キーワードを散りばめた文章、ビッグキーワードやスモールキーワードを使ったり、質の高いコンテンツを増やすなどのテクニックが必要です。
このようなSEO対策はユーザーの視点から行われるものではなく、使い勝手については重視されていませんでした。
SEO対策を行う際には、ユーザーの使いやすさなども考えておくことで、さらなる効果をアップできるでしょう。

SEO対策には効果がないと思うものもある

SEO対策には様々な方法があり、テクニックが必要なものもあれば、効果が得られないものまで様々です。
効果の高いSEO対策を行いたい場合は、誰でもすぐにできてしまうようなSEO対策は効果が低いと考えられます。
世間にはたくさんの業種が存在し、それぞれの企業が検索結果で上位を狙った際に、簡単なSEO対策と高度なテクニックを駆使したSEO対策では、雲泥の差が生じることになります。
これでは検索結果で上位を狙うことはできず、検索エンジンでヒットしたとしてもユーザーにホームページを知ってもらうためには、時間が掛かってしまう可能性があるでしょう。
誰でもできるSEO対策を行い、初めは検索結果で上位を狙えたとしても、時間が経てば順位の下落やペナルティなどのリスクも考えられます。
ユーザーに役立つ情報を提供するコンテンツを作成してから、SEO対策を行うことが求められます。

権威あるサイトからWebページにリンクするというSEOの効果は?

大手企業の有名サイトや大学のサイト、公教機関のサイトなどの権威があるサイトにWebページのリンクを張れば、検索エンジンからの評価がアップすると言われています。
Googleでは、サイト内のリンクがページの品質をアップさせてくれる場合もある、とされています。
権威のあるサイトやリンク先のページとの関連性などにより、要素を満たせば少なからずリンクを張るという行為はSEOの効果がプラスに働くこともあるのですが、自らリンクを張るような行為は本末転倒と言われる場合もあります。

SEO対策をするならコンテンツの見直しから始める

SEO対策を行う場合は、キーワードの選定やキーワードを散りばめた文章の作成など、様々なことを考えると思います。
SEO対策をして集客アップ、目的達成、検索上位を狙うときは、テクニックを身に付ければいいと思いがちですが、まずはホームページ内のコンテンツの見直しを行うことが重要です。
コンテンツの見直しを行う際には、「ユーザーに役立つ情報が記載されているか」、「ユーザーが抱いている疑問を解消できる」か、などを見直しましょう。
ユーザーに役立つ情報が記載されていれば、商品やサービスに興味を持っているユーザーが閲覧する可能性が高くなりますし、そこから商品やサービスの購入に至るかもしれません。
またユーザーが抱いている疑問を解決できるコンテンツを作成すれば、商品の知識を知ることができ、結果的に商品やサービスの購入も検討してもらえるでしょう。
その場合はコンテンツの集客だけでなく、ホームページの集客もアップしますので2通りから検索結果で上位を狙うことができます。
コンテンツの見直しをする際には、できるだけ良質なコンテンツにするためにも文字数を多くして、商品の情報や詳細などを分かりやすく記載することもポイントです。
Googleでは文章の内容に応じて評価が高くなる傾向がありますので、この仕組みを利用して検索で上位を狙ってみましょう。

コンテンツSEOを意識したコンテンツの見直しも必要

ユーザーの役に立つ情報を記載していたとしても、検索エンジンでヒットしなければ、そもそもユーザーにコンテンツを見てもらうことはできません。
検索エンジンでヒットしやすくするためにはキーワードを複数選択するだけでなく、ビッグキーワードとスモールキーワードを組み込んだものを選定することが大切です。
ビッグキーワードだけでは、大手企業のコンテンツに打ち勝つことはできませんので、ユーザーが検索するであろうスモールキーワードをタイトルや文章に散りばめ、検索エンジンでヒットしやすくさせることもポイントです。
ビッグキーワードだけで検索上位を狙うよりも、スモールキーワードと組み合わせることでユーザーが見つけやすいコンテンツを作成できるでしょう。
コンテンツの見直しを行い、企業が目的とするアクションを起こしてもらえているかの確認をしたいときは、アトリビューション分析で確認をして、他にも改善が必要か否かを判断しましょう。

まとめ

SEO対策では、誰でもできることを行っていても良い結果は生まれません。
テクニックが必要となるSEO対策を施すことにより、ユーザーが見つけやすいコンテンツ、内容が分かりやすいコンテンツを作成することができるでしょう。
ユーザーにとって分かりやすい文章を作成することで、閲覧してくれるユーザーがどんどん増えていくようになり、SEO対策が成功したと言えるでしょう。
ここまでたどり着くまでに労力と時間が掛かることになりますが、効果的なSEO対策を行いたいという場合には、専門の会社に依頼をしましょう。