Menuメニュー
  • WAAVEの強み
  • 実績紹介
  • お客様の声
  • サービス一覧
  • 私たちについて
  • HOME
  •  > 
  • コラム
  •  > 
  • 【HP製作】ホームページ製作...

【HP製作】ホームページ製作で上位表示を狙うにはSEOだけではない!

HP制作

2019/12/10

企業でWeb担当を任せられると、「DMP」という言葉を耳にするようになるかと思います。
しかし、初心者であればDMPと言われても何のことなのか、さっぱり分からないという人もいるでしょう。
DMPというものには種類が2つあり、「プライベートDMP」と「オープンDMP」に分けることができます。
ではこのDMPとはどういったものなのか、活用によるメリットなどについても紹介していきたいと思います。

DMPとは何か?

DMPというのは「Data Management Platform」の略になり、インターネット上に存在する様々な情報を管理するためのプラットフォームを意味しています。
DMPを活用することで、ホームページ制作を行う際に検索順位で上位表示を目指せるようになります。
何故なら、DMPを活用すればユーザーからの問い合わせのデータやコンテンツなどから取得した行動履歴などを確認できるようになり、離脱したユーザーをターゲットとしたコンテンツを作成するなどの改善を行うことができるからです。
また過去に自社の販売する商品を購入してくれたユーザーに対し、リピートで購入をしてもらえるように、キャンペーンメールを送ったりすることも可能になります。
つまりは、個々のユーザーの傾向に合わせたマーケティングを行えるようになるのです。
このDMPは分野や業種に限るものではありませんので、様々なところで活用することができます。

プライベートDMPとオープンDMPの違い

プライベートDMPは、自社で保有している購入履歴や行動履歴だけでなく、ユーザーの興味や関心、部署などのマーケティングと、コンテンツのデータを組み合わせて管理を行うものです。
一方のオープンDMPは、データを提供する企業が保有しているWebサイトの行動履歴や年齢、性別などのデータを管理するものになり、自社だけでは把握できない情報や属性などを取得することができます。
DMPを活用することでマーケティングの効率化を目指すことができ、行動履歴などを確認できるようになればホームページを制作する上で武器となり、検索結果で上位表示を目指せるようになります。
また企業によって設定しているゴールに合わせたホームページ制作を行えるようになれば目的を達成しやすくなりますし、ターゲット層を明確にできることでクオリティの高いコンテンツの作成も可能となります。

DMPを活用するメリット

DMPを活用するとマーケティングの効率化やデータ管理が可能というだけでなく、ホームページやコンテンツの分析や課題の発見にも繋がります。
自社のコンテンツがユーザーにどのように思われているのか、集客を得られないのであればどんなコンテンツを作成するべきか、などの判断もできるようになるでしょう。
課題を見つけることで、より良いホームページ制作が行え、コンテンツを増やすにも良い題材を得ることができ、ユーザーの役に立つ情報を掲載できるようになれば、集客のアップもできるようになると考えられます。
ホームページ制作をする際には、SEO対策を行って様々な方法で集客のアップを狙うと思いますが、DMPを活用することで運用も効率化するのではないかと思われます。

DMPの活用により課題となるポイント

DMPを活用することで、様々なメリットが得られるようになると考える人は多いかと思います。
しかし、その際にはより細かいポイントが生じるため、考えるべきことが多くなります。
DMPを活用することでマーケティングの幅は広がることになりますので、データの取り扱いはもとより保有しているデータの管理などが重要となります。
様々なデータを一元管理できること、分析ができることになり、企業側としても明確な目的を持ってデータの管理や新たなコンテンツ制作が必要となるでしょう。

自社で管理ができない場合は専門の会社に依頼する

デジタルマーケティングにおいては、知識を覚えて自社で行おうと考える企業も多く存在します。
基本的にデジタルマーケティングは自社で行うこともできますが、専門の会社に依頼をして業務を行ってもらう方が効率的です。
デジタルマーケティングは年々複雑化していますので、ただ単にツールを活用してデータを管理すればいい、というわけではありません。
時にはツールをしっかりと設定することも大事になり、Webコンサルティングをしてくれる会社へ依頼をした方が手間も掛からないでしょう。
ホームページ制作を専門に行っている会社によっては、デジタルマーケティングを専門にしているところも存在します。
このような会社にDMP導入によるデータマネージメントを受け、より効果的なホームページ制作やコンテンツ作りを心掛けましょう。
また最初から全て依頼をする方が、間違いもありません。
DMPの活用が成功すれば、より多くの集客を得られるようになりますし、検索順位で上位表示をすることもできるようになるのではないでしょうか。

まとめ

企業においてのWeb担当者は、SEO対策だけでなくユーザーの行動履歴や購入履歴などのデータを管理できるDMPについても、活用すべきかを考えなければいけません。
DMPを活用することができれば、ホームページやコンテンツなどの課題の発見にも繋がりますし、ユーザーに役立つ情報を掲載することが困難ではなくなります。
集客を得られるようになると検索順位で上位表示を目指せるようになり、結果として集客率も上がるものと思われます。
自社で難しい場合には、専門の会社へ依頼を行いDMPを活用しましょう。