Menuメニュー
  • WAAVEの強み
  • 実績紹介
  • お客様の声
  • サービス一覧
  • 私たちについて

【SEO対策】HP制作で上位表示を狙うブラックハットとホワイトハットとは

SEO

2019/03/25

集客率の高いページを保有している有名企業は、検索エンジンで上位に表示されることが多くなります。
そのため多くのユーザーの目に留まりやすくなり、あっという間に人気が上がる商品も存在します。
しかし中には、質が低いページが上位表示されているものを見かけたことがある、という人も多いのではないでしょうか。
検索エンジンは奥が深く、質の良い悪いに関係なく検索順位で上位に表示させる方法もあり、これをブラックハットと呼んでいます。

質が低いページを無理やり上位表示させる

SEO対策では、基本的に質の高いページを増やすことで集客をアップさせることが効率的、と言われています。
しかしネットの世界では、質が低いページが上位表示されることも多く見られます。
質の高いページというのは制作をするのも大変で時間がかかり、かなりの労力を使うことになるでしょう。
しかしSEO対策では、質の低いページやコンテンツを良質であると見せかけて、上位表示をさせる手法も広がっています。
これを「ブラックハットSEO」と言い、手間や時間をかけなくても集客をアップさせるページを制作することができます。
ブラックハットSEOではサテライトサイトを利用し、他のサイトから自分のサイトにリンクを結ぶことで、信用性が高いサイトとして検索順位を上昇させ、上位表示をさせることができると言われています。

以前は被リンクをもらうのがGoogleの特徴だった

Googleでは、他のサイトから自身のサイトにリンクをさせる行為、いわゆる被リンクというものが重視されていると言われています。
Googleは検索エンジンを向上させることで、サイトのランキング判定を行っています。
昔はキーワード検索で順位を決めていたYahooと違い、Googleは人間的な評価に近づけることで、ユーザーが求めているコンテンツを表示させるようにしてきました。
Googleでは膨大な量の様々な関連ページをリンクで結び付け、検索エンジンの精度を大幅に向上させ続けています。
しかし被リンクを重視するHPが増えたことで質が低下し、Googleの検索ユーザーが低下したことがあります。
そのため2011年に、質の低いサイトについてコンテンツを取り締まるアップデートが行われ、被リンクの数だけ多くて質の低いHPなどは、上位表示されることがなくなりました。

2017年ブラックハットSEOを対策

2011年にアップデートされた後も様々な方法により、ブラックハットSEOを使って検索順位を上位表示させ、集客をしているサイトは数多く存在していました。
そのためGoogleは、さらなるアップデートを2017年に行い、検索エンジンのランキングに対するアルゴリズムを改良しています。
2017年のアップデート以降は、ユーザーが信頼できる情報を提供するページやコンテンツが高く評価され、質の低いページやコンテンツについては順位が下がりました。
その結果、ホワイトハットSEOと呼ばれるオリジナルの質の高い記事やコンテンツが、上位表示されるようになりました。
Googleのアップデートが重ねられることにより、これまで正規の方法でSEO対策を行ってきた人が、大きなメリットを得られるようになったのです。

GoogleでSEO対策をするときのポイント

検索エンジンと言えばGoogleが有名ですが、他にも様々なエンジンがある中で、利用するユーザーが多い傾向にあります。
そのためGoogleで上位表示をすることができれば、メリットも大きくなることが予測できるでしょう。
HP制作をした後、Googleで上位表示を狙うのであれば、関連ページや下層ページを増幅させ、質の高いページを制作するホワイトハットSEOを行うことが大切です。
質の高い記事が増えればペナルティを得ることもなく、様々なページやコンテンツから集客を狙うことができるようになり、検索エンジンの上位表示を狙うことも夢ではなくなるでしょう。

ホワイトハットSEO 対策が上手くいけば企業として成功する

検索エンジンで上位表示をすることができると、より多くのユーザーの目に留まりやすくなります。
信頼性も高くなることで、世間的にも話題を呼ぶことができるでしょう。
企業としてはSEO対策で上位表示されることを目指し、検索するユーザーのために情報を提供している企業が増えています。
そのため話題性が集まってブランド力がアップしたり、上位表示が狙えるのではないかと考えられます。
本来のSEO対策とも呼べるホワイトハットSEOでサービスの幅が広がり、人気を集めている企業も少なくはありません。
質の高い記事を増幅させ、各ページから集客をアップさせられるように、HP制作を行うようにしましょう。
ページの増やし方が分からない、SEO対策の仕組みや仕方が分からないという場合には、HP制作の専門的な企業に依頼をして、検索エンジンで上位表示されるように働きかけてみましょう。

まとめ

以前は質の低いページやコンテンツで上位表示を狙う、ブラックハットSEOが幅をきかせている時代もありました。
しかしGoogleが2017年に行ったアップデートにより、ブラックハットSEOを行う企業は確実に減りました。
SEO対策で上位表示を狙いたいのであれば、上質な記事やコンテンツを作成し、検索ユーザーのためのサービスであることを十分に理解した上でSEO対策を行いましょう。
必要であればHP制作専門の企業に依頼をして、SEO対策に力を入れるといいでしょう。